確実ですぐに復縁できる方法を知りたい人へ

復縁の基本

こんにちは、江西です。
元カレと復縁→結婚した経験を活かして
復縁応援ブログを書いています。

今回は、一般的な復縁方法4つと、
そのメリット・デメリットをまとめました。

最も「確実」な方法はどれか。
どの方法なら「すぐに」復縁できるのか。

実体験を元に考察していますので、
参考にしてみてください。

※情報源は、私自身の経験、ネットや本の体験談、そして私に相談をくれた方々の例となっています。

別れた直後にアプローチする方法

手軽さ:★★★(手軽)
かかる時間:★★★(最短)
復縁しやすさ:★(難しい)
誰でもできる:★★★(全員可能)
オススメ度:★(あまり)

※★は3段階評価

復縁までの流れ

  1. フラれた直後に「考え直して!」と伝える
  2. 相手の気が変われば復縁成就

メリット

  • 準備がないので一番楽な復縁方法
  • 相手の気が変われば最短で復縁できる

デメリット

  • 完全に相手の気持ちしだいの賭け
  • 相手の気が変わる根拠がない
  • 再度決断を促すため、相手の心に負担をかける
  • 結果、さらに嫌われる可能性がある
  • 結果、音信不通になるかもしれない

デメリットを軽減する方法

いきなり「考え直して」とは言わず、
今までの感謝と別れの言葉だけを伝えて相手の反応を見る。

それから1週間くらい待っても
相手から自主的な連絡がなければ
まだ心変わりは期待できない
ので、
深追いせず別の方法を検討する。

総評

復縁したい人の多くが、
深く考えずにこの方法を実践しています。
しかし、結果は「失敗談」のほうが圧倒的に多いです。

中には、しつこくしすぎて
着信拒否されてしまったという例も……
こうなると復縁の難易度を自分で上げてしまう結果に。

「誘い方」「場所」「服装」「切り出し方」など
細かなテクニックを気にしている人もいますが、
フラれた直後の段階では何をやろうとほぼ無意味です。

別れた直後は相手も冷静ではないからです。

あなたと同じように、
怒り、悲しみ、辛さなどで頭がいっぱいなので
あなたの細かいところを見る余裕がありません。

また、別れた直後にアプローチされた時点で、
「どうせ復縁の申し込みだな…」と
相手も察しがついてしまいます。

そこであなたがいくら
魅力的な女性・男性を演じようと、
相手には「復縁をOKさせたいがための演技」に見えるでしょう。

別れの理由が衝動的なもので、
相手が今もすごく悩んで後悔しているのであれば、
この方法でも復縁できるかもしれません。

しかし、
別れの理由に少しでも心当たりがある場合、
別れた直後のアタックは99%失敗します。

なので「復縁しやすさ」「オススメ度」すべて最低ランクに分類しました。

元カレと復縁結婚した私ですが、
別れた直後のアプローチは普通に失敗しました。

メールに返事はくれるし、
会ってもくれたけど、
とても復縁を申し込めるような雰囲気にはならず……。

やはり手段は慎重に選ぶべきだなと思います。

別れた直後に無理に会おうとしなければ、
私の復縁はもっと早く叶っていた節すらあります。

友達やメル友を続けていく方法

手軽さ:★(忍耐力が必要)
かかる時間:★(ズルズルしがち)
復縁しやすさ:★★(なんとも言えない)
誰でもできる:★(限られる)
オススメ度:★(微妙)

復縁までの流れ

  1. 未練を隠し、友達に戻る
  2. 友達の間合いを保ちつつメールを続ける
  3. 機を見計らって告白する

メリット

  • 相手の状況を見つつ告白のタイミングをはかれる

デメリット

  • そもそも別れた直後に友達に戻ることが難しい
  • 復縁目当てだと、友達を演じるのがかなり辛い
  • 都合のいい関係になるリスクがある
  • 復縁に失敗した時の徒労感がハンパない

デメリットを軽減する方法

「友達で終わるならそれでもいい」
という気持ちで予め割り切っておくこと。
婚活などと並行してやるくらいがちょうどいいです。

また、復縁のタイムリミットを
自分で決めておくとズルズルしません。

もちろんセフレは断固拒否しましょう。
いつでもHできるお手軽な女になってしまうと
彼は復縁や結婚を意識しなくなります。

総評

連絡が取れて一見ラクそう……
と思うかもしれませんが、
実は一番ツライ方法です。

なぜなら、

会話できる距離にいるけど恋人に戻れない
というジレンマを感じながら、
耐え続ける覚悟と忍耐力が必要だからです。

また、そもそも友達に戻ることが難しいので、
けして万人向けではありません。

特に、連絡をたくさん送りすぎてしまうタイプの人は、
友達に戻っても同じことをやらかすので、
まずは自己改善を進めるべきかと思います。

ちなみに、実はこの方法も私が実際に試したものです。
元カレが「LINEくらいならいいよ」と言ってくれたので……(ホロリ

まあ結果、1か月くらいで精神的にキて、暴走しましたけど。
「なんなのその素っ気ない態度ぉぉッ!! 未読無視やめろやああぁ!!!」って感じで。(タチの悪い女である)

もちろん玉砕しました。
あそこからよく持ち直せたもんだよ……ホント。

SNSでアピールする方法

手軽さ:★★★(簡単)
かかる時間:★★(人による)
復縁しやすさ:-(効果不明)
誰でもできる:★(SNS常用者限定)
オススメ度:★(オススメしない)

復縁までの流れ

  1. 相手から距離を置く
  2. SNSでリア充アピールする
  3. 機を見計らって告白する

メリット

  • SNSを監視することで、相手の状況を見つつ告白のタイミングをはかれる

デメリット

  • 互いにSNSを普段から使っていないと無意味
  • ミュート・ブロックされたら無意味
  • 相手の投稿に一喜一憂し、情緒不安定になる
  • そもそも復縁に効果があるかどうか怪しい

デメリットを軽減する方法

「SNSにネガティブなことを書かない」ことは確かに重要です。
相手がふと思い出してあなたの投稿を覗いたときに、
ネガティブなことが書いてあったら引いてしまいます。

しかし、復縁の成功率を上げる投稿というものは存在しません。

普段からSNSを使っている人は、
ネガティブな発言に気を付けつつ
今まで通りの投稿をするだけでいいです。

詳しくは総評で。

総評

まず、SNSはただの連絡手段です。

「SNSで復縁できた!」という人は、
連絡手段にSNSを使って復縁しただけです。
「SNSだから復縁できた」というワケではありません。

また、相手を寂しがらせる目的で
「私、別れても平気!」と、
キラキラな日常をアピールする人がいますが、
これは逆に嫌われるリスクを高めています。

考えてみてほしいのですが、
人が何かを自慢している投稿って
見ていて楽しいですか?

まったく興味を抱かないか、
少し嫌な気分になるか、

この二択ではないでしょうか。

元カレ相手にせよ、友達相手にせよ、

幸せ自慢ばかりするアカウントと、
ネガティブ発言をするアカウントは、
鬱陶しい・見たくないと思われがちです。

また、演技だと見抜かれて
「必死な女」「イタイ女」に見られる可能性もあります。
(無関係な周囲の人からもイタく見えます……)

なので、SNSで復縁成功率を上げることはほぼ不可能だと思いましょう。

と、エラそうに言いつつ……
実は私、この方法も試してました。
LINEのタイムラインで必死にリア充アピール。

で、復縁後に元カレに効果のほどを聞いてみたんです。
そしたら、こう言われました。

タイムラインって何?」と。

わりと黒歴史です……(笑)

冷却期間を置く方法

手軽さ:★(努力が必要)
かかる時間:★★(人による)
復縁しやすさ:★★★(効果は確か)
誰でもできる:★★★(やる気があれば)
オススメ度:★★★(私はこれ一択)

復縁までの流れ

  1. 連絡を完全に絶ち、距離を置く
  2. 別れの理由を解消する
  3. メールなどで連絡し、友達に戻る
  4. 会える段階まで和解したら、機を見計らって告白する

メリット

  • 相手に嫌な印象を与えるリスクが低い
  • 相手の気が変わる根拠がある
  • 自分も成長できる
  • 復縁後も長く続く(結婚しやすい)
  • 「悪いところは改善したから試しに付き合ってみてよ」と強気で押せる

デメリット

  • 自己分析する必要があるので、疲れる
  • 最低でも3か月の冷却期間が必要
  • 計画性と、計画通りに動く自制心が必要
  • 長期戦になるので心を強く持つ必要がある
  • 相手がモテるタイプの場合、3か月後には次の恋人ができている可能性がある

デメリットを軽減する方法

自分が無理のない範囲で毎日こなせる、
現実的な自己改善プランをつくる必要があります。
また、アドバイスをしてくれる人を持てるとベスト。

目標達成のために必要な心の持ち方、
マインドセットに関する情報を集めて
実践するのも良い方法です。

相手に恋人ができてしまう可能性もありますが
そこはこちらではどうしようもない部分。
不安なら略奪愛の方法などについても調べておき、
そうなった場合の動き方を予め決めておくのがいいでしょう。

総評

一番めんどくさい方法だけど、
一番効果が期待できる方法です。

冷却期間を置くので、
相手も自分も冷静になれます。

当たり前のことなのですが、
これって復縁では非常に重要なことなんです。

子供のケンカを思い浮かべてみてください。
ケンカ中はろくに会話が成立しません。
どこまでいっても「あっちが悪い」の平行線。

でも、一晩距離を置いて冷静になることで
「ごめんね」と言い合うことができます。

復縁も同じです。

もちろん利害が絡むので、
子供のケンカほど単純ではありませんが、
お互いに冷静にならなければ話し合いが平行線になってしまうところは同じです。

冷静になれば、相手はこちらをちゃんと見てくれます。
話し合いは、それから始めるのがベストなのです。

そして、冷却期間を過ごす間に、
自分の中にある別れの原因を解消しておけば、
胸を張って復縁交渉できますよね。
「あの頃とは違うんだよ」って。

復縁に必死すぎて、
色々な方法を試した私でしたが、
結局は、きちんと筋の通った方法が一番だったと思います。

まとめ:確実ですぐに復縁できる方法とは?

「確実さ」重視なら

「冷却期間を置く方法」が最もリスクが低く現実的。

相手も自分も冷静になれるし、
自分の悪いところを直す時間もあるので、
理屈も通っている。

ただし、相応に時間がかかる。

「スピード」重視なら

別れた直後にアプローチする方法がやはり最短。
ただし、失敗例のほうが圧倒的に多い

どうしてもという人はダメ元でやってみて、
失敗後はすみやかに冷却期間への移行をオススメします。

しつこくすると最悪縁を切られるので要注意。

「確実さ」「スピード」どっちも欲しい!

無理。

ハイ。無いものねだりでした、すみません……

大切なのは考え続けること

ここまでまとめてきましたが…

復縁の方法・流れは何通りもあります。
正直、人の数だけあります。

ある人が1か月で復縁できた方法を使っても、
全員が1か月で復縁できるわけでは当然ありません。

なので、人の体験談を真に受けすぎるのも危険です。
悪徳なセールス文句にも騙されないように。

本気で復縁したいなら、
自分にベストな方法を常に模索してください。
思い込みや思考停止が一番ダメです。

ちなみに私は↓こんな感じでした。

  1. スピード重視で即アプローチ → 玉砕
  2. 有料復縁メール相談に申し込む → 5000円ぼられる
  3. メル友を続けてみる → ツラすぎて暴走・玉砕
  4. ようやく冷却期間をとる → 3か月後に復縁
  5. 1年間の同棲の末にゴールイン

正直、よくこれだけやらかして復縁できたなと思います。

しかし、こうしてみると
1つ分かることがあります。

それは、復縁できる状況の人でも方法によっては失敗するということ。

私は運がよかったけど、
一度の失敗で復縁の望みが途絶えることだって普通にありえます。

この記事を読んで、
あなたは何を優先したいと思いましたか?

あなたの選択の手助けになれたら幸いです。

コメント