私の復縁の可能性はどのくらい? 復縁の確率に悩む人へ

復縁の基本

自分は復縁できるのか。
その確率・可能性はどれくらいあるのか。

気になりますよね。
私も失恋直後は「復縁 確率」「復縁 可能性」と検索しまくりでした。

でも、その結果わかったのは、
復縁の確率なんて気にするだけ時間の無駄ということでした…

復縁の確率を調べる人が時間を無駄にする理由

なぜ復縁の可能性や確率を調べることを
「時間の無駄」と言い切るのか?

その答えは単純です。

この答えを調べている人が本当に欲しているのは、
自分の判断の妥当性を示す根拠であって、
調べた結果に関わらず最後は自分のやりたいことを優先するからです。

私は復縁を目指すべきか? やめておくべきか?

あなたはこの問いに対する答えを探しています。

しかし、その疑問に対する直接的な答えは
あなたの中にしか存在しません。

あなたは自分で決断することを恐れているだけです。

だから確率論だの統計論だのにすがって、
「私が決めたんじゃない」
という言い訳ができるように逃げ道を求めています。

でも、考えてみてください。

復縁成功の確率が99%であろうと5%であろうと
あなたが復縁のためにやるべきことは変わらないし、
やり終わるまでは結果も分かりません。

どれだけ確率論を調べたところで
最終的に決断をするのは結局「あなた」だし、
「あなた」の決断の責任を取るのも「あなた」です。

結果が出るかも分からないことに向けて努力をする。
これは確かにツライことです。
でも、恋愛はそもそもそういうものなんです。

というか。

成功が約束された努力なんてこの世にはありません。
あるとしても、せいぜい小学校のテストくらいじゃないでしょうか。

その「事実」をキッチリわきまえていれば、
復縁の成功確率を論じることの無意味さも
おのずと理解できるのではないでしょうか。

あなたの望む「答え」は何ですか?

とはいえ、心では「復縁したい!」と思っていても

「頑張ったとして、復縁できる見込みはあるの?」
「それが分からないと動こうにも動けない!」

と、不安に思う人が大半だと思います。

私も以前は自分の復縁の可能性について、
わかりやすい数字を求めて「復縁診断」ばかりやってました。

しかし、どんな結果を見ても納得できませんでした。

結局、答えは最初から自分の中にあるんですよ……

自分の望んだ答えが見つかれば満足なんです。
でも見つからないと不満なんです。

だから、望む答えが出るまで検索し続けてしまう

覚えがありませんか?

でもそれなら、検索なんかやめて
自分の中にある答えと向き合うべきなんです。

自分は何を求めているのか?
自分はどうしたいのか?

最終的にはそこを考えなければなりません。
他でもない自分自身の頭と心で。

私はどんな道を望んでいるのか。
私はどんな道を選べば後悔しないのか。

私は何を恐れているのか。

それは、いくら検索しても分かりません。
あなたがあなたを知ることでしか、分からないのです。

復縁の成功率が低い状況とは?

復縁は人の心が関わる問題ですから
正確に確率を当てることはやはり不可能。

ですが、人の心が関わるからこそ、
致命的な状態というのはある程度予想ができます。

ここでは参考までに、
復縁できる可能性が極端に低い状況をあげます。

■復縁できる可能性が極端に低い状況
・自分の暴力が原因でフラれた人
・不倫関係 or 相手が結婚した人
 ※相手に新しい恋人がいる程度ならまだ可能性があります。婚約はグレー、結婚はアウト。
・相手の価値感を否定した人
 相手の家族を悪く言った、趣味を否定した、価値観の変更を強要した等
・相手を裏切った人
 自分の浮気が原因だった、お金を盗んだ、嘘がバレて別れた等
・何らかの恐怖を与えた人
 ストーカー行為、自傷行為を見せた、自殺未遂、脅迫した等
・「遊びだった」と相手から言われた人

最低限、ここに当てはまらなければ、
正しく努力することで復縁できる可能性があります。

あとはあなたの気持ち次第ということです。

※これらに当てはまる人が「100%復縁できない」というわけでもありません。難易度が著しく高いというだけで、もちろん例外はありえます。

「確率はいくらか」よりも「自分がどうなりたいか」

あえて厳しいことを言いますが、

100%の保証がなきゃ頑張れないなら
その人は頑張らない方がいいです。

その方が楽に生きられます。
ただし、望んだ人生にはなりにくいです。

自分でその可能性を捨てているのですから、当たり前です。

「でも、頑張ったところで望んだ未来になる確率なんて……」

そうやって「想像」の話ばかりする人は、
行動が遅く、他人の意見に振り回されがちで、
「自分で決める」ことを無意識にやめています。

常に誰かの決定に流されているので、
気づいたときには知らない場所にいます。
そしてそのまま、成り行きに任せます。

そんなノリで学校や職場が決まった人は、
世の中に結構いるんじゃないでしょうか。
私も昔はそうでしたし。

選択を放棄して、
決断を放棄して、
努力も放棄して、

その先にあるものが、
自分の思い通りの理想的な未来――

になるわけないですよね。

だから、私はあなたに聞きます。

あなたはどんな未来を手に入れたいのですか?

気付いてください。

たとえ可能性が高くても低くても
目指さなければ手に入らない
ということに。

しかも、
可能性が高くても低くても
結果は出るまで分からない
んです。

降水確率10%でも雨は降るし、
確率3%でもガチャの当たりキャラは出るし、
確率0.00001%でも、宝くじの1等は存在します。

ちゃんと正しく努力さえすれば
確実に復縁の成功率はUPするのに、
失敗する確率が0ではないという理由だけで
あなたは今から未来を諦められますか?

「はい」と答える人は、
本当に元恋人のことが大切なのか疑問です。

大切なもののために、
その程度の賭けさえできないというのなら、
その人は自分の人生を成り行きに任せて生きたほうが楽です。

その結果が、幸せかどうかはわからないけど。

その結果、妥協した相手と結婚して、
離婚したりするかもしれないけど。
普通に幸せになれることだってあるし。

結局そういうのも、生きてみなきゃわからないし。

ただ、そうやって
自分の成長を放棄して
別れを繰り返すことが当たり前になった現代、

離婚率は跳ね上がっています。
不仲な夫婦が増えています。
親の離婚に苦しむ子供が増えています。

私の友人(当時22歳)の両親も、離婚しました。

本当に当たり前になりつつあるけど、
実際問題、自分の身に起きたらと思うとキツいですよ。
独り立ちしたら、正月に帰る「家族」がなくなってるんですから。

あるいは、いつか運命の出会いがあると妄想し、
恋人をとっかえひっかえした結果、
婚期を逃し、ずっと独身で過ごす人もいます。

別にそれらが悪いとかじゃなく。

あなたは、どうなりたいですか?

もし、ここまで言われても心が動かないなら、
復縁は諦めた方が賢明かもしれませんね。

私は、どうせ努力をするんなら「人生で本当に譲れないこと」にこそ努力したほうが良いと思います。私にとっての復縁は、そういうものでしたから。

努力してでも手に入れたい未来なら「やって損はない」

まだこの文章を読んでいる方。

やる気が出てきたでしょうか?
それとも、まだ決断できずにいますか?
もしかして、

あの人のこと、簡単には諦められない。
でも、努力の結果、何も得られなかったら……
「損」をしたらどうしよう……

と、思っていませんでしょうか。

年齢のこともありますし。
最終的に結婚できるかもわからないのに、
あまり復縁に長い時間はかけられない
のが本音ですよね。

そんなあなたに1つ、タメになる話をしましょう。

私がサポートしてきた方の中で
「復縁を叶えられなかった」人の話です。

■「復縁を叶えられなかった」人の話
Aさんは、冷却期間を置く方法で復縁活動にのぞみ、
しっかり努力をしてきました。
私はメールでサポートをしていただけですが、復縁活動の前と後では「まったく別人」と思うくらいに明るく、自立的な女性になっていました。

しかし、彼女は復縁できませんでした。
新しい恋をしたからです。

復縁活動で自分の欠点を見直し、
「流される人生」から「歩む人生」へとシフトした彼女は
自分から、元カレを追うことをやめました。

そして「復縁活動をして良かった」と言ったのです。
復縁成就していないにも関わらず。

そんな彼女には、間もなく新しい恋人ができました。

私への最後のメールで、彼女は嬉しそうにこう語ってくれました。
「復縁活動をすることで、前よりも人生を能動的に生きたいと思えるようになった」と。

これは「失敗」でしょうか?
彼女は復縁を諦めて「損」をしたのでしょうか?

違いますよね。

「復縁」という結果だけを手に入れたい人にとっては、
確かに「実際に復縁できるかどうか」が重要な問題でしょう。

しかし、本気で復縁に取り組めば、
その人は必ず成長します。

もちろん、正しい方法で努力をすればですが、
それはこのブログで、あるいは色んなサイト・本で学んでください。

そしてもしあなたが「復縁したい」と思うと同時に
「ダメな自分を変えたい」と思っているなら、
もう迷う理由はありません。

復縁の基本は、自分を変えることです。
そうして相手に振り向いてもらうことです。

より理想的だと思う自分になること。
これが最大の目的です。

理想の自分に近づく方法を学びつつ、
復縁の可能性も上がっていくなんて、
良いことずくめじゃないですか。

どうしてこんな努力が「損」になるのでしょうか?

あと、なぜか忘れられがちなんですが、

復縁活動は、いつでも簡単にやめられます。

続けるのは困難でも、やめるのは一瞬です。

じゃあ、とりあえずやってみたらいいんじゃないの?
って、私なら思いますけどね。

少なくとも、「復縁 確率」で延々と検索を続けるよりは建設的です。

復縁の可能性について悩む人へ・まとめ

・「成功率」ではなく、「自分がどうしたいか」を考えよう。
・「成功率が低かったら諦める」という人は頑張らない方がいい。ただし、自分の思い描いた人生にはなりにくい。
・「元カレをどうしても諦められない」という人は、まずやって損はない。
・自分を変えたい人は、むしろ「やるべき」。
・やめたければいつでもやめていい。

結論:悩んで立ち止まるくらいなら、とりあえずやってみたら?

復縁を目指して努力しても別に何も減らないですよ。

時間が減ると思う人は、
ウジウジ悩んで何もしていない今の時間
一番もったいないことに早く気付きましょう。

婚期が心配なら婚活と同時並行でやればいいんです。
本当の浮気や二股になる前に決断すればいいだけ。
そのくらいの融通はきかせましょうね。

損をするかしないかは、あなたの考え方・取り組み方次第です。

周りは好きなことを言います。
私だって「復縁は難しいよ」とさんざん言われました。
でも復縁して結婚しました。

なぜか?
自分でその可能性がある道を選んだからです。

あなたも自分に素直になって、
自分のための人生を探してみてください。

復縁ほど、人生を見つめなおす最適な機会も早々ありませんよ。

コメント