復縁にかかる期間はどのくらい?状況別・冷却期間の考え方

復縁の基本

元カレと復縁したいと考えているあなた。
復縁までの期間は、どのくらいか知っていますか?
「早く復縁したい!」と焦ってはいないでしょうか?

復縁は初動が肝心です。
最初にキッチリと冷却期間を取る方が
結果的に早く復縁できることが多いようです。

このページでは元カレと復縁→結婚した筆者が
冷却期間のメリット・デメリット、
期間の目安、どうすごすべきか、何をやるべきかなどを解説しています。

冷却期間は本当に必要なの?

そもそも、なぜ冷却期間が必要なのか?
「男性心理」「メリット」「デメリット」
3つの観点から考えてみましょう。

冷却期間中の男性心理

まずは冷却期間を取った場合の
男性心理の変化について考えてみましょう。

別れた直後~1か月

別れて間もない間は、元カレも不安定な時期です。

  • どうして元カノは○○してくれなかったんだろう?
  • 自分は何を間違えたのだろう?
  • 自分は身勝手なのかな?
  • しばらく彼女は作らないほうがいいかも……
  • 元カノのことも突き放してあげたほうがいいのかな……

浮気や暴力などの極端な原因が無い限り、
元カレもあなたと同じように
暗く沈んだ気分を味わっている場合が多いです。

ただし、別れを後悔している場合は少なく、
むしろ別れを回避できなかった原因について
頭を悩ませ、反省し、疲れている状態です。

この時期は恋愛に消極的で、
元カノのことは「彼女のために遠ざけなきゃ」と思っていることが多いです。

別れて3か月

別れて時間が経つと、
元カレの沈んだ気持ちも徐々に切り替わっていきます。

  • 別れは過去の思い出となっている
  • 元カノには幸せになってほしいと思っている
  • 心機一転、新しい出会いに期待している

別れの理由や彼の性格にもよりますが、
元カレの方から別れを告げた場合は
だいたい3か月くらいで前向きな思考に切り替わります。

元カレは過去の恋愛を整理し、
今後の新しい出会いに目を向け始めている頃です。

よく「冷却期間は3ヶ月」と言われる理由はここにあります。

別れて半年~

別れて半年以降は、
ほぼほぼ別れから立ち直って
新たな人生を送っている場合が多いです。

  • 時間が経つほど、別れの嫌な記憶は風化していく
  • 良い思い出は美化されていく
  • 新しい出会いに期待している
  • 時間を置くほど新しい恋人ができる可能性も高まる

もちろん個人差はありますが、
この時期以降、元カノは完全に過去の人になります。
古き友人のような感覚で、気持ちが整理された状態です。

冷却期間のメリット

以上の男性心理を踏まえた、
冷却期間を取ることのメリットは以下です。

  • 一番こじれやすい別れた直後の期間を無難に過ごせる
  • お互いに冷静になれる
  • 元カレが恋愛に前向きになった段階でアプローチできる
  • 思い出が美化され、元カレからの印象が改善される
  • 復縁に向けた準備に時間を割ける

冷却期間のデメリット

一方で、メリットばかりでもありません。

  • 元カレに新しい恋人ができる可能性がある
  • 相応に時間がかかる
  • 忍耐力が求められる

冷却期間を取ることのメリットは多いですし、
私も冷却期間を取ることで復縁しました。

ただ、確かなデメリットがあることも理解した上で
どのくらいの期間を見るのかを決める必要がありますね。

状況別・冷却期間の目安

冷却期間の必要性が分かったところで、
次に考えるべきは冷却期間の長さです。

私の場合、冷却期間はどれくらい取るのがベストなのだろう?

冷却期間の長さは状況によって変わります。
ここでは別れた当時の状況別に解説していきます。

自分のケースを把握することはもちろん、
その他のケースについても学ぶことで
男性心理への理解がより深まるかと思います。

冷却期間が不要なケース

まずは冷却期間を取らなくて良いケースから。

  • 元カレが別れを後悔している
  • 元カレもあなたも引きずらないタイプである

主にこの2つのパターンが考えられます。
具体的には、以下のような状況が当てはまります。

  • 別れを切り出したのはあなたの方だった
  • 衝動的な喧嘩別れだった
  • やむをえない事情で別れた(遠距離・繁忙期・親の都合など)
  • 今でも元カレと気兼ねなく会話(メール)ができる

このいずれかの条件に当てはまる人は
冷却期間を取らなくても済む場合があります。

自分がフッた場合や、衝動的なケンカ、
やむをえない事情があった場合などは、
一度、冷静に話し合ってみることを推奨します。

また、今でも気兼ねなく元カレと会話でき、
何もしなくても元彼から連絡がくるような人は
既に元カレとの友人関係が出来上がっています。

その場合は、冷却期間の段階を飛ばしてもいいでしょう。

ただし、友人関係がズルズルと続く可能性もあります。
「ずっと友達でも構わない」という心構えで進めるか、
あえて冷却期間を取ってケジメを付けることも1つの作戦です。

冷却期間1か月のケース

別れて1か月という期間は
冷却期間としては中途半端です。

男性心理の観点から考えてみても、
別れて1か月程度では気持ちの整理がつかず、
元カノを遠ざけたいと思っている人が多かったですよね。

もちろん、1か月で復縁する人もいるにはいます。

ただ、そういった例の大半は
「放っておいても復縁できた」パターンが多く、
冷却期間の効果と言うよりは運の要素が大きいです。

冷却期間を取るという決断をしたのであれば、
あえてこの中途半端な1ヶ月という期間を
選ぶ理由はないかなと思います。

冷却期間3か月のケース

最も一般的なのは、3ヶ月の冷却期間を取る方法です。

別れて3ヶ月という期間は
冷却期間のメリットとデメリットを考えた際に
非常にバランスの取れた期間であると言えます。

軽くおさらいしましょう。
冷却期間を取る大きなメリットは、

  • 復縁に向けた準備ができること
  • 元カレの気持ちが新しい恋愛に向いた頃にアプローチできること

この2つでした。
一方でデメリットは、

  • 期間を置けば置くほど、元彼に新しい恋人ができる可能性がある
  • 相応に時間がかかる

この2つが主な懸念でしたよね。

3か月という長さは、
冷却期間のメリットが現れだす期間であり、
一方でデメリットにも目を潰れる丁度いい長さなのです。

よってほとんどの状況の人は
3~4か月ぐらいの冷却期間を取ればいい
ということになります。

冷却期間6か月以上のケース

しかし中には、3か月の冷却期間では足りない場合もあります。

復縁が長期化する原因とは何でしょうか?
これは元カレがあなたに抱いた失望感の度合いに関わっています。

  • 飽きた、マンネリだった
  • 他に気になる人ができた
  • 価値観が合わないと思った
  • 既に新しい恋人と付き合っている
  • 重大な嘘がバレて別れた
  • 婚約破棄をした、された
  • お付き合い中に浮気をした、された
  • 暴力や精神的な疾患が理由で別れた

※下にいくほど冷却期間は長くなると思ってください

これらの状況に共通するのは
「彼女よりも、もっと合う人がいるかもしれない」
と元カレに思われてしまったことです。

この場合、元カレは新しい出会いを強く求めています。

たった数か月の冷却期間では
元カレ自身、まだ次の出会いを探す段階まで
進んでいないことが多いです。

「まだ何もやってないのに、モトサヤはちょっと……」

と、なかなか振り向いてもらいにくいのが現実。
数年単位の長期戦になることも覚悟しておきましょう。

冷却期間中にやるべきことは?

冷却期間は「待ち時間」ではありません。
相手からフラれた人ならば、
フラれた原因を放置するわけにはいきませんよね。

冷却期間を有効に使って、
復縁の可能性を高める行動をしていきましょう。

別れた原因の解明&解消

復縁を望んでいるのであれば、
当然、別れの原因を解消しなければなりません。
そうしないと別れを繰り返すことになるからです。

まずは自分のどこに非があったのかをきちんと認識しましょう

恋愛の問題において
片方だけが一方的に100%悪い、
という状況はまずありえません。

自分の日頃の言動のどこに問題があったのか。
再発防止するためにはどんな工夫が必要か。

自分の性格は変えられないにしても、
同じような悩みを抱えている人が
どのような対処をしているか調べることはできます。

あなたにその気さえあれば、
どんな問題であっても
何かしらの解決策は見つかるはずです。

自己改善は、あなたの人生そのものを好転させるもの。
復縁の結果がどうあれ無駄にはなりませんので、
ここの努力は絶対に怠らないようにしましょう。

彼への依存度を下げる

他人に依存しない自立した人間になることも大事です。

「復縁さえすれば全てうまくいく」
「彼が自分を幸せにしてくれる」

このような考えを持っている人は
元カレに依存している状態と言えます。

友人関係で考えると分かりやすいのですが
「私を幸せにするために友達になって!」
と言われても、絶対に嫌ですよね。

復縁でも同じです。

あなたの幸せは、あなたの責任です。
復縁できてもできなくても
あなたを幸せにできるのは、あなた自身です。

あなたが今幸せでないのなら
それはあなたに責任があります。
元カレのせいではありません。

自分の人生を他人のせいにしないこと。
自分の人生を豊かにできる方法を探すこと。
自立した大人になること。

これを意識して何に取り組むべきかを考えましょう。
人によって答えは様々です。

※もちろん辛い時には人を頼ってもいいです。しかし、自分の問題は自分で処理できるに越したことはありません。自立した人の方が、人生の幸福度は高いです。

趣味を増やす

趣味は人の心を豊かにします。
趣味の多い人ほど幸福度が高い
という研究結果もあるぐらいです。

別れた直後は心が不安定で
なかなか趣味に打ち込めないかもしれませんが
余裕が出てきたら、ぜひ新しい趣味に挑戦してください。

子供の頃に好きだったことや、
仕事を言い訳にやめていたことなどに
再挑戦するのもいいでしょう。

元カレを振り向かせる新しい魅力って、どうやって身につければいいの?

と思う人は、まず新しい趣味を持つことです。

何かに一生懸命な人はキラキラしています。
また、人があまり知らないようなことを知っていると
それだけでその人の魅力になりますよね。

今まで興味がなかったことでも
やってみることで世界は確実に広がります。
時には、新しい出会いに繋がることも。

また、元カレが好きだった趣味
自分で体験してみることもオススメです。

元カレと共通の趣味を作っておくと、
冷却期間明けの話題が増えて
打ち解けやすくなるというメリットもあります。

冷却期間にやってはいけないことは?

冷却期間の過ごし方を間違えてしまうと、
かえって精神に悪い影響を与えてしまい
冷却期間をとった意味がなくなってしまうことがあります。

ここでは、冷却期間中のNG行動をまとめました。

未練を伝える行為

冷却期間の一番の目的は、
お互いの気持ちをしずめることです。

当然ながら、相手に接触したり、
未練を伝えるような行為は全てNGとなります。

  • 連絡をする
  • 会う
  • プレゼントを送る

すべてNGです。

また共通の知人がいる場合は
その知人経由で未練が伝わってしまうことも。
復縁への意気込みは、信頼できる友人にだけ打ち明けましょう。

職場や学校が同じなどの理由で
どうしても顔を合わせなければならない場合は
必要最低限の挨拶・会話で乗り切りましょう。

情報収集

冷却期間中に元彼の身辺を探ることは絶対にやめましょう。

「彼に恋人ができないか心配で……」
という気持ちはわかりますが、
これを続ける限り、あなたは永遠に冷静にはなれません。

そもそも冷却期間が終わるまでは
アプローチすること自体が禁止なのです。
知ったところで何をどうすることもできないのです。

ただただあなたが1人で焦るだけ。

元カレについて調べるのは、
冷却期間が明けた後で十分です。
その頃ならば、冷静に対処もできるでしょう。

元カレのSNSも絶対に見てはいけません。
元カレのアカウントはミュートか非表示にしておきましょう。

偏ったSNSの投稿

SNSで「別れた後の充実した日々」を投稿し、
元彼を寂しがらせようとする人がたまにいます。
しかし、これもお勧めできません。

  • そもそも見られていない可能性がある
  • 見ていたとしても良い気分にはなれない
  • あなたが別れの原因なら「寂しい→復縁したい!」にはならない
  • あなたが尻軽だと思われる危険性がある
  • カラ元気がバレると「痛い女」認定される
  • 周りの人から見てもウザい

これだけのデメリットがある一方で、
「SNSの投稿がきっかけで復縁した」
という人はあまりいないのが実情です。

そもそも他人の「幸せ自慢」って
あまり良い気分にはならないですよね。
愚痴ばかり垂れ流すアカウントも同様です。

SNSは更新を止めてしまうか、
今まで通りのテンションを維持しましょう。

また、復縁や元カレに関することはもちろん、
愚痴や不満、悪口なども書かないようにしましょう。

連絡を我慢する方法

冷却期間を取ろうと思ってはいるけど、
どうしても彼に連絡したくなってしまう……

こんな悩みを抱えている人もいるでしょう。
私も最初はそうでした。

冷却期間中の連絡を我慢するためには
いくつかのコツがあります。
ぜひ参考にしてください。

次の恋愛の準備期間だと思う

まずは冷却期間=準備期間だと認識することです。
単に「連絡禁止の我慢期間」だと思うと、
それだけで苦しくなります。

復縁のために準備すべきことがあり、
その準備のために作った特別な時間
だと思いましょう。

自分自身に投資する期間だと思って
有益に使い倒す心構えを持つことをオススメします。

思い出を封印する

元カレを思い出すような
写真、プレゼント、メール履歴などは
簡単には見れないように整理しておきましょう。

思い出すと連絡したくなります。
冷却期間中はむしろ
全力で彼のことを忘れる努力をしましょう。

私は「復縁するまで開けないボックス」を作っていました。
彼とした過去のやり取りはLINEが主だったので
彼のトークルームを非表示にすることで一時的に見られなくしていました。

元カレの情報を遮断する

メールや電話をしないのは当然として。

LINEやtwitterなどのSNSについても
元カレのアカウントをミュートや非表示設定にして
目に入らないようにしておきます。
ゲームのフレンドなどは切りましょう。

連絡先をすべて消すとアプローチする時に困るので
繋がり自体は残しておくべきなのですが、
冷却期間中は絶対に見てはいけません。

婚活アプリなどで知り合った相手の場合は、
そのアカウントもミュートするなりしておきましょう。

とにかく徹底して元カレをあなたの生活から追い出すこと。

これが冷却期間を乗り切るコツです。

気を紛らわす行動を決めておく

ここまでしても、気持ちが揺らぐ日は来ます。

どうしても連絡したくなった時のため、
気を紛らわせる代替手段を用意しておきましょう。

  • 元カレに伝えたい気持ちを紙に書き出してみる
  • 連絡して上手くいかなかった場合の最悪の想定をしてみる
  • 好きなゲームを起動する
  • 調べ物をする
  • 運動をする
  • 代わりに友達に連絡する

などなど、自分で自分の欲求を紛らわせるための
行動をいくつか考えておきましょう。
ただし、友達は巻き込みすぎないように注意ですよ。

もし連絡してしまったら…?

もし、予定していた冷却期間を待てず、
連絡してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

人にもよりますが、ここからリカバリーできることもあります。
私自身、連絡をズルズル続けていた彼と
冷却期間を改めて置くことで復縁しましたし。
(復縁するまでの期間はだいぶ延びましたが……)

元カレの反応が良い場合は
アプローチに繋げてみてもいいでしょう。

しかし、相手の反応が少しでも鈍いようなら、
「ごめん、ちょっと連絡したくなっただけ」
「忘れてください」
と早めに連絡を切り上げてしまいましょう。

短文で、サッパリと切り上げるのがポイントです。
ウジウジと言い訳をするとかえって嫌われます。

仮に元カレが真摯に返信してくれたとしても、
気持ちが残っているとは思わないこと。

返信の有無では無く、
お互いが自然に楽しく
友達として会話できているかを見てください。

返信を先延ばしにされたり、
腫れ物に触るような反応だったり、
気まずい空気を少しでも感じるなら
現段階での復縁は難しそうです。

また、別れて1か月未満の場合は
明らかに時期尚早ですので、
すぐにでも冷却期間を再開しましょう。

こういった場合、冷却期間の長さは、
「連絡をしてしまったその日」+「3か月~」となります。

向こうから連絡が来たら

冷却期間中に向こうから連絡が来た場合は
要件は何かに注目します。

忘れ物を思い出したとか、
借りた物を返したいとか、
最後にきっちり顔を合わせて話したいとか、
明確な要件がある場合は望み薄です。

必要最低限の対応をして、
冷却期間に戻ってください。

一方で「最近どう?」「元気?」みたいな
明確な要件がない連絡や雑談を振られた場合は復縁のチャンスです。

焦りは禁物ですが、
彼の反応を伺いつつ、会話を重ねていきましょう。
うまくいけばそのまま友達に戻れるかも。
※別れの原因の改善・自分磨きが途中の場合はそれも続けてくださいね。

冷却期間明けのアプローチ

ここからは、冷却期間が明けた後の話を少しします。

冷却期間が明けたからといっても焦りは禁物。
いきなり復縁を持ちかけるなどは言語道断です。

彼から復縁を持ちかけられない限りは
以下の手順を守ってください。

気軽な連絡をする

まずは気軽に返信できそうな
かるーい連絡をしてみましょう。

「久しぶり、元気?」
「最近どう?」

友人に近況を聞くようなイメージで
彼の反応を伺ってください。

もし返信が来ないようなら
改めて冷却期間を取るか
諦めるかを考える必要があります。

友達として連絡を続ける

楽しく雑談ができるようなら
そのまま週1くらいで雑談メールを続けましょう。

自然に会話が続くなら
改めて「友達に戻ろう」などと
申告する必要もありません。

しばらくは成り行きに任せて
楽しく会話を続けましょう。

会えるようになったら告白

彼の反応が良いようなら
思い切って食事に誘ってみましょう。

この時も軽いノリを心がけましょう。
ディナーよりはランチに誘いましょう。
あくまでも友達として。

2回目以降も会ってくれるようなら
復縁できる可能性は高いです。

彼の告白を待つか、
折を見て自分から告白しましょう。

変な駆け引きなどはせず、
誠心誠意を込めて本心を伝えるほうが
あなたの真剣さが伝わりますよ。

まとめ

以上、冷却期間の考え方でした。

冷却期間には様々なメリットがある一方で
元カレに新しい恋人ができてしまうというデメリットもありました。

また取り組み方によっては、
復縁の可能性をさらに高めてくれたり、
逆に復縁を遠ざけてしまう結果になることもあります。

この記事を参考に
あなたに合った行動プランを
考えてみてください。

成功をお祈りしています。

コメント