復縁体験談10:今だから言える。失恋は「生き方」を考え直す最高のターニングポイントだ!

復縁体験談

こちらの記事は連載形式となっております。
最初から読む場合はこちらから。
→ 8か月復縁体験談・パート1

復縁は後ろ向きな行為ではない

以上が、私の復縁活動8か月間のすべてです。
ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございました。

今、私は彼に心の底から感謝しています。
あの時、私を振ってくれて、ありがとう、と

彼がキッパリと振ってくれたから、私は頑張れました。

むしろあの時、ずるずると付き合っていたら、
私たちの関係はもっと悪いものになっていたでしょう。

お互いにお互いが嫌いになって、
最悪の別れになっていたかもしれません。

そして、私のネガティブな性格が
改善されることもなかったでしょう。

愛する人との別れを経験する人は、世界に沢山います。

それは付き合っているカップルだったり、
結婚した夫婦だったり。

そして多くの人は、
復縁をあきらめ、新しい恋を始めます。

別れた原因は自分にもあるのに、
それを改善しないままに、次へ行ってしまう
のです。

私は、これほどもったいないことはないと思います。

・何か問題が起きたら、別れて解決すればいい
・もともと彼とは相性が悪かっただけなの
・もっと私にふさわしい王子様が他にいるはず……

本当にそうでしょうか。

どんなに相性が良くても、
険悪になったり、喧嘩をする日は必ず訪れます。
それは、自分の両親や、祖父母の関係を見れば分かるでしょう。

そこからどうやって関係を修正するのか。

大切なのは、そこじゃないでしょうか。

別れを繰り返す人の末路(一例)

「別れて解決」を繰り返してきた人は、
別れる以外の解決方法を知りません。

ダメになったら次に行けばいいのですから、
一人の相手との恋愛について、
しっかりと考えたことすらありません。

そしてそのまま、歳を重ねていきます。

「復縁は後ろ向き」
「新しい恋に行くほうが前向き」

と、なぜか一般常識のように言われますが、

新しい恋を転々とする人のほうが、
復縁を目指す人より恋愛経験が浅いケースも多い
です。

私自身、実際にそういう人に会ったことがあります。

それは、前の職場の同僚でした。

彼女は、数か月単位で彼氏をとっかえひっかえ。
別に遊び目的の交際ではないのですが、
なぜか毎回、3ヶ月くらいで彼女が振られてしまうのです。

その人は「他人への依存が激しいタイプ」でした。
オンでもオフでもベタベタくっつかれて、
迷惑している同僚(女性)がいたほどです。

恋愛についても、彼氏が彼女の性格に疲れて
別れを切り出されるパターンだったようです。

しかし、彼女はまだ20歳。
「まだ若いから」と周りも次の恋愛を進めます。
その言葉のままに、彼女は特に性格の改善もせず、
出会いを求めて遊びまわっていました。

そしてまた、新しい人と付き合い、
ほどなくして別れます。

それでも彼女はなぜか自慢げです。
「私はモテるから大丈夫」と言わんばかりでした。

正直、彼女の性格にはかなり難がありました。

当時、一度も恋愛したことがなかった私に対して、
「コン●ーム分けてあげようか?w」
「江西さん、好きな体位は何?」みたいな
趣味の悪い冗談を言ってくるくらい、性格が悪かったんです。

自分のほうが「経験豊富」なのだと、
私を見下して楽しんでいるようでした。
私は正直、関わりたくない一心で流してましたが……

同僚にこれだけ無神経な発言ができるのですから、
彼氏が相手でも同じだったのでしょう。

案の定、その次の彼氏とも別れていました。

その後、私はその職を辞めて上京したのですが、
彼女が結婚したという知らせは、未だに聞きません。

その後付き合った相手とは
「絶対に結婚する!」というくらいの仲だったそうですが
次に里帰りした時にはもう別れたそうです。

恋愛経験は「付き合う」だけでは手に入らない

「恋愛経験の豊かさ」とは、何でしょうか。

エッチの回数ですか?
付き合った人の人数ですか?

もちろん違います。

一人の相手に対して、どれくらい本気で交際できたのか。
関係を続けるために、どれくらい工夫や努力をしてきたのか。

また、一つの別れに対して、
どれくらい後悔と反省を積んだのか。
その後、どのようなかたちで、その反省を活かしたのか。

そこで決定されるものだと思います。

付き合うだけなら、あの同僚の女性のように
生まれ持った魅力だけで上手くいくかもしれません。

でも、そこからどれだけ続くのかは
お互いの「精神の成熟度」がものを言います。

付き合って3か月もすれば、お互いに遠慮がなくなってきます。
だから衝突もしやすくなります。
そこでお互いがどんな対応をするのか。

これによって、未来が分かれるのです。

先ほどの同僚の女性が、
もし今後、何の努力もせずに、
ずっと新しい恋を追うだけの恋愛をしていったらどうなるか……

その先の人生を、ちょっと想像してみてほしいです。

付き合って別れて、付き合って別れて……
気付けば結婚適齢期。

だんだん焦ってくる。
良い感じの男性は、若い子に取られてしまう。
さらに焦ってくる。

そして、ちょっと妥協して、
同じように焦っている男性と結婚する。
でも、性格的な問題から、やっぱり亀裂が生まれて……

でも解決方法が分からない。
今までは別れることで解決してきた。

となると、あとはもう離婚するしかありません。

あっという間にバツイチ女。
そうなると、さらに結婚相手は絞られていく……

そしてまた、妥協して、結婚して……

子供ができて……
また問題が発生して……
さすがにもう離婚はできなくて……

もう、地獄絵図ですね。

別にそういう状況の人を非難したいわけではなく。
できればそうなりたくないよね、という話です。

幸せは歩いてこない、自分で努力して掴むもの

本当に愛し合える人と結婚したいなら、
復縁するにしろ、しないにしろ、
一つの別れから目を背けてはいけない。

これが私の結論です。

別れは警告なのです。

今のままの自分では幸せになれないという、
人生からの警告です。

失恋。

それはただ悲しいだけの出来事ではありません。
あなたが立ち止まって考えるための、機会なのです。

その機会を掴むのか、
見過ごすのか。

自分を変えるチャンスにするのか、
ただヘコむだけの無意味な期間にするのか、

すべてはあなたの選択次第です。

ここまで読んでくださったあなたには、きっと、
別れても好きって思えるくらいに大切な人がいるんですよね。

素敵な人が、いるんですよね。

だったら、何も後ろめたく思う必要はありません。
そこまで思える人に出会えた奇跡に、まずは感謝しましょう。

そして、歩き出しましょう。

だって、一度きりの人生ですもん。
その人と結婚したいですよね。

諦めることは、いつだってできます。
誰だってできます。

諦めなかった時点で、
あなたには可能性が芽生えているんですよ。

どんなにお先真っ暗でも、歩けば道はできていきます。
歩いたところが、あなたの道です。

どうか勇気を出してほしい。

あなたが自分の望む人生を歩めるように、
私は願っています。

江西ユイ

なお、「この体験談でユイさんが購入したマニュアルって何なの!?教えて!」というお声をチラホラ頂くので、紹介記事を書きました。ついでにちょっとした活動も始めたので、興味のある方はご覧ください。

→ 私が復縁で使ったサービスのお話【マジで人生変わるかも?】

コメント